top of page
  • 執筆者の写真浅見 純一郎

PTAのベルマークをやめること

うちの小学校(豊洲北小学校)PTAでは昨年度の役員会にて、多数決の結果ベルマークが廃止されました。

目についたPTAが"ベルマーク運動"をやめない理由の記事みたいなのが、4月になると出てきますが、本質を捉え切れていないように感じます。

辞められない理由の構造的な問題があります。

1.PTAそのものが、新しいことや変化しづらい組織体であること

企業や組織には、変化を嫌う力も働くと思いますが、富にそれが言えます。

新しいことや変化をすると、圧力がかかることがある傾向にあると思います。


以下、ベルマーク自体の話になります。

2.ベルマーク事業が、学校に取り込まれている

ベルマーク委員というのがうちの学校にはあって、ベルマークをなくすのは、学校の同意が必要です。

また、それくらいの事業なので、児童にも浸透しています。

今回、うちの学校でやめることになったのは、学校とうまくコミュニケーションをとっていることもあり、同意が得られたということが大きいです。

3.経験者などから存続の力が働く

ベルマークって集めた点数によって賞などが貰えるので、担当の委員のみなさんで頑張る傾向にあります。

廃止してしまうと、その時の委員さんなどは、その成功体験を否定されたと思ってしまうこともあり、やめることに対する反対意見も出てきます。

また逆に、過去にベルマークをやっていた人が、”私がやったのに今の人がやらないのはずるい!”という意見があるかもしれません。

これらがやめられない構造的な問題かと思いますが、以下のようなベルマーク自体に対する存在価値を、過去の経緯から大事にしていることが根本にあります。

1.PTAに、会費以外の利益を得られる。物ですが

2.作業を通じて、会員同士のコミュニケーションできる居場所が提供できる。

3.子供たちや学校に、貢献する形が見えやすい。

ただ、これらは、よく考えると代替が可能かと思いますし、そもそも全体が求めている価値ではないかもしれません。

今回決定は、PTA役員の方々がそこを気がついたことがあるかと思います。



PTAのそもそもの存在論があるかと思いますが、問題点や意見は今度書くことし、どんな組織もそうですが

① 組織の意思決定は、民主的に行う。

② 事業は、目的(この場合は、児童やPTA会員(保護者・学校)の為)に即したものを、効率的に実施する。

ことが大事かと思います。

今回の決定は、ベルマークを辞めることを目的としたわけではなく、「児童の為に、効率的に何をすべきか」をまじめに考えた結果かと思います。


閲覧数:850回0件のコメント

Comments


bottom of page