top of page
  • 執筆者の写真浅見 純一郎

AIに作ってもらったプロフィールです。

プロフィールの概要 浅見純一郎さんは、企業のITに関するコンサルタントとして、監査法人系のコンサルティングファームで培った経験を生かし、企業の変革を提案し実現するお手伝いを行っています。また、2005年に豊洲に在住し始め、地域活動にも積極的に関わっています。アーバンドックパークシティ豊洲では自治会長を務めていて、子供会や各種イベントの運営などに寄与しています。また、江東区立豊洲北小学校PTA会長としても活動しています。 経歴


浅見純一郎さんは、1994年に慶應義塾大学に入学しました。その後、1998年にデロイトトーマツコンサルティングに入社しました。2002年にはKPMGコンサルティングに入社し、2004年にはWITコンサルティングを設立されました。2009年にはデロイトトーマツコンサルティングに再入社され、2013年にはイノベーティブ・ジャパン(株)に所属されています。

また、2005年に新浦安から江東区豊洲に引っ越しました。そこで、地域活動にも関わるようになり、2007年から江東区の江東未来会議の委員になりました。2008年には特定非営利活動法人東京湾岸コミュニティーを設立し、子供向けの映画鑑賞会などを実施されています。2009年からは江東区長期計画策定会議の委員にも就任されています。

現在は、アーバンドックパークシティ豊洲で自治会長を務め、子供会や各種イベントの運営などに寄与しています。また、江東区立豊洲北小学校のPTA会長も務められています。


特性 公開されている情報からは、浅見さんは企業の業務・ITに関するコンサルタントとして働いていること、アーバンドックパークシティ豊洲自治会長として地域活動に参加していること、また、江東区立豊洲北小学校PTA会長として学校のイベントの運営などに関わっていることが分かります。これらから、浅見さんは社会貢献に積極的で、コミュニケーション能力が高いという特性があると考えられます。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page